Mentor

科学指導

駒越 太郎 博士(サンゴ礁古環境学)

・喜界島サンゴ礁科学研究所研究員

2018年9月北海道大学大学院理学院自然史科学専攻博士後期課程修了。2018年4月より、現職。博士課程では大型二枚貝シャコガイの殻の化学・同位体比分析と成長線の観察を組み合わせて、台風や過去の海洋環境を推測する研究を行なっていました。2017年より喜界島に滞在しながら、シャコガイやサンゴの化石を用いた成長線解析、海洋観測、サンゴの飼育実験、サンゴの被度調査など、サンゴ礁の現場を生かした研究観測を進めています。

科学が好きな皆さんへ!

喜界島の海の中には多様な生物が暮らすサンゴ礁、そして陸にはよく保存されたサンゴの化石が出てきます。喜界島だからこそできるサンゴ礁科学の研究を、一緒に考えてみませんか?

英語指導

佐々木 奏

・国際教養大学東アジア専攻卒業、台湾淡江大学に1年間留学

在学中は台湾の歴史・文化を学び、それらが外交や政治経済に与える影響の分析に取り組む。喜界島をはじめとする南西諸島〜台湾の文化の共通性に興味があり、研究所ではサンゴ礁文化の調査・研究に従事している。また習得した英語・中国語を活かして、研究所の国際交流プログラムを担当している。

英語で科学を学びたい皆さんへ!

科学で英語を学ぶ。英語で科学を学ぶ。どちらもできるのがサンゴ塾です。自分の考えを違う言語で表現できると、見える世界が一気に広がります!科学の世界を英語で一緒にのぞいてみましょう!

指導アドバイザー「私たちがサポートします」

渡邊 剛 博士(サンゴ礁地球環境学)

・喜界島サンゴ礁科学研究所 理事長
・北海道大学大学院理学研究院 講師

北海道大学理学部卒業、北海道大学地球環境科学院 博士課程修了、オーストラリア国立大学、フランス 国立気候環境研究所、ドイツアーヘン工科大学、ハワイ大学ケワロ海洋研究所で研究員を歴任。サンゴ骨格から当時の地球環境変動を読み取るために、世界の海を駆け巡り未踏の地を探求するうみぼーずハンターズ。喜界島に魅了され弟子の山崎と共に喜界島サンゴ礁科学研究所を開設。現在、精鋭部隊と共に研究所の発展と国内外からより多くの仲間を集めるために奮闘中。

山崎 敦子 博士(サンゴ礁物質循環学) 

・喜界島サンゴ礁科学研究所 所長/副理事長
・九州大学大学院理学研究院 助教

北海道大学大学院理学院自然史科学専攻博士後期課程修了、東京大学大気海洋研究所、GEOMARヘルムホルツ海洋研究センター、北海道大学大学院理学研究院で研究、2018年4月から九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門助教を務める。 2014年5月に初めて喜界島を訪れ、ダイナミックな隆起サンゴ礁の景色に感動し、同年12月喜界町民になる。喜界島に国際的なサンゴ礁の研究所を作るため、渡邊理事長とともに2014年7月任意団体喜界島サンゴ礁科学研究所を発足。