PRE SCHOOL

サンゴ塾 〜地球環境リーダー育成塾〜

サンゴ塾は2021年度から、文部科学省・JSTのジュニアドクター育成塾 の⼀環として、全国の大学・研究機関に所属するサンゴ礁研究者によるフィールドワークとレクチャーシリーズを実施することになりました。

実際のサンゴ礁とそこに住む人々、そして地球環境課題の解決を目指しながら、新たな研究の種を発掘します。2年目以降は実際に研究計画を立てて、研究者の個別指導を受けながら研究を進め、将来の地球環境課題を解決するリーダーの育成を行います。

サンゴ塾について

対象:小学5年生〜中学3年生

KIKAIカレッジの予科であるサンゴ塾は、個別の研究指導を行い、課題解決能力を養うとともに、地域や研究機関との連携を通して「課題や分野にとらわれずアプローチする力」を養っていきます。

喜界島はもちろん、オンラインで日本全国・海外からでも受講できます。

サンゴ塾にはTraining CourseとAcademic Courseがあり、Academic CourseはTraining Courseを修了した方が参加要件となります。

\ お申し込みはこちら! /

サンゴ塾のみなさんへ

私たちサンゴ礁研究者は、世界でも稀に見る化石サンゴ礁でできた喜界島に研究所を設立し、美しいサンゴの海とそこで育まれた自然や文化、そして社会を見つめてきました。そして、この美しい自然と人々の暮らしがいつまでも続くこと、そして私たちの研究が将来へ繋がっていくように「100年後に残す」という目標を立てました。そのためには、私たちの次の世代の人を育てなければいけないと思うようになりました。

このサンゴ塾のメンター(先生)は世界でも第一線で活躍している研究者です。そして、みなさんにはその先生たちと一緒に皆さんの未来をサンゴ塾で考えて欲しいと思います。この小さな島は地球のモデルです。ここで起きている問題は、世界のどこに行っても起きているでしょう。そして、この島で学んだことをみなさんが世界中の地域で取り組んだら、地球の未来を変えられると私たちは思っています。みなさんが100年後に残したい未来を一緒に考えていきましょう。

ここに集まったみんなは未来の世界を一緒につくる仲間です。

仲間を大事に、サンゴ塾での学びを一緒に楽しみましょう。

喜界島サンゴ礁科学研究所所長 山崎敦子

1、サンゴ塾 Training Course

KIKAIカレッジの予科であるサンゴ塾では、科学的な知識や手法に触れながら、サンゴ礁科学への理解を深め、課題を発見・解決するための基礎を固めます。

喜界島はもちろん、オンラインで日本全国・海外からでも受講できます。

サンゴ塾 Training Courseの流れ

サンゴ塾 Training Course 2021年度受講生募集について

三次募集:8月1日〜8月21日
審査結果発表:8月25日

8月28日に開催するオンラインでのガイダンスとワークショップからの受講となります。

対象

小学校5年生~中学校3年生

募集定員

一般選抜30名、奄美群島選抜10名 合計40名
※奄美群島選抜は奄美群島在住の小中学生が対象です。

登録料

3万5千円(2022年3月まで。下記プログラムの他にメンターに研究相談をすることもできます。フィールドワークの参加費は別途かかります。奄美群島選抜は奨学金制度がございます、お問い合わせください。)

参加要件
  • 1ヶ月に1回程度、所定の場所またはオンラインで行われる講義に参加できる。
  • 自宅のパソコンまたはタブレット端末でのオンラインアクセスが可能である(カメラ付きでzoom等のビデオ会議システムが使用可能なネットワーク環境が整備されている事が必須となります。スマートフォンは不可とします。)
  • 喜界島および奄美群島で実施される夏休みと春休みのフィールドワークのどちらかに参加できることが望ましい(参加できない場合にはオンラインでの代替プログラムを受講できます。)

サンゴ塾 Training Course プログラムスケジュール

スクロールできます
日時 場所内容
第一回
(研究体験)
8月5日(木)~8月9日(月)5日間喜界島サンゴ礁サイエンスキャンプ(詳細はキャンプのページをご覧ください)に参加。メンターとなる研究者とともにジュニア4泊5日、アドバンス11泊12日でサンゴ礁とそれを取り巻く環境を観察・体験する
→募集を締め切りました。
第一回
ガイダンス
8/28(土)
15:00-17:00
オンライン講師:山崎 敦子(九州大学/喜界島サンゴ礁科学研究所)
テーマ:研究ってなんだろう?
第二回
(レクチャー)
9/25(土)
15:00-17:00
喜界島
&オンライン
講師:渡邊 剛(北海道大学/喜界島サンゴ礁科学研究所)
テーマ:サンゴ礁と地球環境
第三回
(レクチャー)
10/24(土)
15:00-17:00
東京(予定)
&オンライン
講師:白井 厚太朗(東京大学大気海洋研究所)
テーマ:海の研究者ってどんな仕事?
第四回
(レクチャー)
11/27(土)
18:00-19:30
オンライン日本サンゴ礁学会に参加しよう!
日本サンゴ礁学会にオンラインで参加します。研究者・小中高生の研究発表や特別セミナーを受講します。
第五回
(レクチャー)
12/25(土)
15:00-17:00
札幌(予定)
&オンライン
講師:加藤 博文(北海道大学アイヌ・先住民研究センター)
テーマ:島の文化と環境(仮)
第六回
(レクチャー)
1月8日(土)
予定
準備中順次、公開します。
第七回
(ワークショップ)
2月26日(土)
予定
オンライン研究倫理および新たな研究課題の発見を目指す。研究するために必要な研究計画の立て方をオンラインで学習する。
第八回
(フィールドワーク)
3月春休み期間中
(3日間を予定)
奄美群島内「レクチャー」「研究ワークショップ」を通して、課題を発見した上で新たに研究計画を立てて臨むフィールドワーク。ジュニアドクター制度及びサンゴ塾受講者に限定して実施する。
※プログラム内容は詳細決定次第随時更新いたします。
サンゴ礁サイエンスキャンプとは?

メンターとなる研究者とともに、ジュニア4泊5日、アドバンス11泊12日でサンゴ礁とそれを取り巻く環境を観察・体験する。詳しくはサイエンスキャンプのページをご覧ください。

レクチャーとは?

メンターにより、各回に共通の地球環境課題をテーマとして、分野横断的な講義を行う。各都市で4回開催し、現地またはオンラインにて参加可能。

フィールドワークとは?

「セミナー」「研究レクチャー」を通して、課題を発見した上で新たに研究計画を立てて挑むフィールドワーク。

ワークショップとは?

研究をするために必要な研究計画や研究倫理、統計処理など理数的な基礎知識をオンラインで学習する。(2回)

お申し込み

\ 仲間を大事に、サンゴ塾での学びを一緒に楽しみましょう /


サンゴ塾のTraining courseを修了後

2、サンゴ塾 Academic Course

サンゴ塾 Academic courseでは、研究計画の立案からフィールドワーク、研究結果の取りまとめから学会発表まで、一連の研究の過程を研究者をメンターとして学びます。科学的な思考能力とそれを表現する力、そして実際に研究者とディスカッションを行うことにより、さらなる課題と解決方法を考えていきます。

喜界島はもちろん、オンラインで日本全国・海外からでも受講できます。

サンゴ塾 Academic courseの流れ

サンゴ塾 Academic Course 2021年度受講生募集について

初めてサンゴ塾に参加する方は2021年度のTraining courseからお申し込みください。

対象

小学校5年生~中学校3年生

募集定員

10名

受講料

月額2万5千円(2022年3月まで。下記プログラムの他にメンターに研究相談をすることもできます。フィールドワークの参加費は別途かかります。奄美群島選抜は奨学金制度がございますのでお問い合わせください。)

参加要件
  • サンゴ塾のTraining courseを修了していること。
  • Training courseの受講生から希望者を募り選抜します。
  • 喜界島および奄美群島で実施される夏休みと春休みのフィールドワークのどちらかに参加できることが望ましい(参加できない場合には居住地から大学や研究機関において研究を進めることができます。)

申し込み

下記のフォームから申し込みを受信後、選考書類の提出先をメールにてご案内いたします。

\ 仲間を大事に、サンゴ塾での学びを一緒に楽しみましょう /